MENU

映画「スタンド・バイ・ミー」キャストのその後は?4人の現在の姿まとめ

2021 5/28
映画「スタンド・バイ・ミー」キャストのその後は?4人の現在の姿まとめ

4人の少年時代の夏の冒険を描いた映画「スタンド・バイ・ミー」の出演者についてです。

映画上映から35年経った2021年、当時10代の少年だった4人はその後どうなったのでしょうか?

もうすでに50歳になったメンバーもいますが、

全員俳優を続けているのでしょうか?

4人の現在の姿についてまとめていきます。

あわせて読みたい
ゴーディが最後パソコンに打った英語の文章の意味は?「スタンド・バイ・ミー」が伝えたかったこととは
ゴーディが最後パソコンに打った英語の文章の意味は?「スタンド・バイ・ミー」が伝えたかったこととは12歳の少年達の青春映画「スタンド・バイ・ミー」についてです。大人になったゴーディが、作家としてかつての冒険を思い出し物語を語っていくストーリーですが、映画の...
あわせて読みたい
リヴァー・フェニックスの弟はジョーカーのホワキン・フェニックス!兄が倒れたクラブの現場にも
リヴァー・フェニックスの弟はジョーカーのホワキン・フェニックス!兄が倒れたクラブの現場にも1986年上映の映画『スタンド・バイ・ミー』のキャストについてです。この映画に登場するクリス役を演じたリヴァー・フェニックスが23歳という若さで他界していることは...
目次

「スタンド・バイ・ミー」のキャスト4人のその後と現在

ゴーディ役:ウィル・ウィートン

(画像引用元:Wikipedia)

劇中主人公・ゴーディとして語り手の幼少時代を演じたウィル・ウィートンは、

1972年7月29日生まれで、2021年現在48歳です。

現在も、俳優や声優として活躍しています。

スタンド・バイ・ミー出演当時の年齢は、14歳くらいでしょう。

また、作家としても活躍しており2003年に出版社を設立後、フィクション・ノンフィクションなどの本を出しています。

プライベートでは、1999年にアン・プリンスと結婚し、4人の子供と一緒にカリフォルニア州で暮らしています。

自身は、父・リッキー、母・デビー、弟・ジェレミー、妹・エイミーの5人家族で
母親・デビーは女優をしており、兄弟全員が子役として活躍していました。

大人になったウィルはインタビューで、幼少期に父親から虐待を受けていたこと、母親もそれを止めようとしなかったことを告白しています。

優しそうな風貌からは想像もできないような、苦労があったのですね。

また、作家になりものを書いているという事実が映画とリンクしていることにも驚きです!

スタンド・バイ・ミーへの出演は、映画の役の中だけでなくウィル自身にも大きな影響を与えたのかもしれませんね!

作家になったウィルがどんな作品を書いているのか気になったので別記事でまとめてみました!

あわせて読みたい
ゴーディ役のウィル・ウィートンは現実でも作家になっていた!『スタンド・バイ・ミー』の子役の現在
ゴーディ役のウィル・ウィートンは現実でも作家になっていた!『スタンド・バイ・ミー』の子役の現在1986年に公開された映画『STAND BY ME』で主人公の幼少期を演じたウィル・ウィートンが、なんと本当に作家になっていたことを皆さんはご存知ですか?物語の中では「君は...

クリス役:リヴァー・フェニックス

正義感の強いゴーディの1番の味方だったクリスを演じたリヴァー・フェニックスは、23歳の若さで他界しています。

親友だったジョニー・デップの経営していたクラブで、薬物の過剰摂取が原因で亡くなりました。

日本にも何度か来日経験があり
その端正な容姿から「笑っていいとも」への出演も果たすほど日本にもファンが多く
リヴァーの死は日本でも衝撃的なものでした。

スタンド・バイ・ミー後は存在感のある俳優として大活躍していましたが
もう姿を見ることができないのは、本当に残念でしかありません。

劇中と同じく若くして亡くなるというのは、現実とリンクしていて映画を見直しても悲しくなってしまいます・・。

リヴァー・フェニックスは、幼い頃両親が入っていた宗教の影響でまともな教育は受けておらず、苦労人だったと言われています。

リヴァーは、5人兄弟の長男で、弟や妹をとても可愛がる優しい兄でした。

特に世話をやいていたのが弟のホワキンで、ホワキンはあの話題映画『ジョーカー』で主演・ジョーカー役を演じる個性派俳優としても有名です。

兄・リヴァーと弟・ホワキンに関しては別記事でまとめているのでこちらもチェックしてみてください。

↓↓↓

https://attack25.jp/river-phoenix-shiin/
あわせて読みたい
リヴァー・フェニックスの弟はジョーカーのホワキン・フェニックス!兄が倒れたクラブの現場にも
リヴァー・フェニックスの弟はジョーカーのホワキン・フェニックス!兄が倒れたクラブの現場にも1986年上映の映画『スタンド・バイ・ミー』のキャストについてです。この映画に登場するクリス役を演じたリヴァー・フェニックスが23歳という若さで他界していることは...

テディ役:コリー・フェルドマン

(画像引用元:Wikipedia)

テディ役を演じたのは、コリーフェルドマンです。

1971年7月16日生まれで、2021年現在49歳です。
幼少期からテレビ出演の多かったコリーですが、彼もまた薬物に苦しみ、徐々にキャリアを立て直しました。

現在は俳優・プロデューサーの他に、作曲家としても活躍しており、音楽活動もしており
歌手ケイティ・ペリーのヒット曲「Last Friday Night」のPVにも出演しています。

プライベートでは、1989年に女優ヴァネッサ・マーシルと結婚しましたが、1993年に離婚しています。
最初の結婚が、スタンド・バイ・ミー上映から3年後の18歳の頃だったということに驚きです。
まだ12歳の子供を演じていたので・・^^;
映画撮影当時は14〜15歳だったのですね。

2002年10月、スージー・スピローグと再婚したのですが2004年に子供が誕生した後、2009年、妻が離婚申請しています。

バーン役:ジェリー・オコンネル

(画像引用元:Wikipedia)

ふくよかな体型で無邪気なバーンを演じたジェリー・オコンネルは、47歳の現在は筋肉質でダンディな大人になっています。

子役として活躍していたジェリーですが、スタンド・バイ・ミーに出演した後は大学を卒業するまで学業に専念しています。

2007年に女優のレベッカ・ローミンと結婚し、2008年に双子の女の子が誕生しています。

現在も俳優として活躍しており、映画は年に1本、テレビ出演も年に数回のようです。

「スタンド・バイ・ミー」のあらすじ&キャスト

スタンド・バイ・ミーのあらすじ

作家・ゴーディは、新聞で弁護士・クリスがナイフで刺殺されたことを知ります。

クリスは、ゴーディの友達でした。

そして、12歳の夏、友人4人で死体を探しに森に行った日のことを思い出します。

いざ冒険をし、本当に死体を見つけてしまった4人は、当初の目的とは違う形で冒険を終えることになります。

当時兄を事故で亡くし、
両親が自分のことに全く関心を示さずに兄弟間コンプレックスを感じていたゴーディは
この日の冒険の中で、自分を必要としてくれた人がいたことや
誰よりも自分を信じてくれていた友人がいたことを回想します。

それから数年後、作家になったゴーディは
12歳の時以上の友達は、それ以降できていない
と言い、当時の仲間やあの時の冒険を思い返し幸せだったと思い出を語る青春映画です。

スタンド・バイ・ミーのキャスト

  • ゴーディ・・・4ヶ月前に出来のいい兄を事故で失い、暗くなった家や両親を見て
    「もし事故に遭ったのが自分だったら両親はこんなに落ち込まなかったかもしれない」
    「事故に遭ったのがどうして兄だったんだろうと両親は思っているのではないか」と兄弟間格差のコンプレックスに悩んでいる。
    大人になったゴーディがこの物語の語り手となって登場する。
    
  • クリス・・・正義感が強く、ゴーディの一番の味方。
    自身も、大人に裏切られ辛い経験をしてきたがそれを言えずに苦しんでいた。
    強そうに見えて、友達思いで繊細な心を持つ。
    自分は進学するような人間ではないと言いながら、その環境を自ら乗り越え猛勉強して弁護士になるが、その正義感から仲裁に入った喧嘩に巻き込まれ死んでしまう。
    
  • テディ・・・父親の虐待を受けながらもそんな父親を愛している。
    目と耳が悪く、頭や行動はあまり賢くはない。
    いじめられているせいか、「自分は強い」「英雄になりたい」という気持ちが強い。
    大人になってからは何度か刑務所に入ったりしたが、出所後は何かの仕事をしているらしい。

    
  • バーン・・・ふくよかでマイペースな男の子。
    へそくりをかいた地図を母親に捨てられ、9ヶ月も探し続ける執着心はあるが
    電車に轢かれそうになると「もう無理だ」と諦めて立ち止まるヘタレキャラ。
    「森の中に死体があるらしい」という話を盗み聞きして仲間に伝えた本人。
あわせて読みたい
ゴーディが最後パソコンに打った英語の文章の意味は?「スタンド・バイ・ミー」が伝えたかったこととは
ゴーディが最後パソコンに打った英語の文章の意味は?「スタンド・バイ・ミー」が伝えたかったこととは12歳の少年達の青春映画「スタンド・バイ・ミー」についてです。大人になったゴーディが、作家としてかつての冒険を思い出し物語を語っていくストーリーですが、映画の...

まとめ

スタンド・バイ・ミー出演者のその後と現在の姿についてまとめてみました。

調べてみて驚いたのは、ゴーディを演じたウィルが現実でも作家として活躍していたこと、そしてクリスを演じたリヴァーが現実でも若くして死んでしまったことです。

あまりにも映画とリンクすることが多く、感慨深く感じてしまいます。

ですがリヴァー以外の3人は現在も俳優を続けているとのことで、ますます活躍を応援していきたいと思います!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる