なぜタケコプター?どういう意味?パラリンピック開会式・入場のテーマは空港でプロペラをイメージ!

パラリンピック2021の開会式が2021年8月24日行われました!

そこで話題になったのが入場式で周囲の応援している人たちが頭につけているタケコプター!

これはどういう意味?ということでテーマをもとに解説していきたいと思います!

目次

パラリンピック2021の開会式で頭にタケコプター?

8月24日開催のパラリンピックの開会式で、選手が入場するさいに、
周りで見守る人たちの頭にタケコプターのようなものがついていると話題になりました!

確かによく見ると、入場する選手を迎えるスタッフのかぶる帽子にタケコプターのようなプロペラ状のものがついています・・・・

なぜタケコプターをつけているのか?

ということで、気になる理由を調べてみました!!

タケコプターの意味は?

これはタケコプターではなくプロペラをイメージしています!

というのもこの開会式のテーマは『空港』!!

空港をイメージしたため「飛行機」や「ヘリコプター」などをイメージするためにプロペラをつけられたのだと思われます

国旗の色に合わせて会場のプロジェクションマッピングの色が変わり、風が吹いたようにグルグルなっているのも、とても素敵な演出でしたねー!!

空港というテーマに統一された演出が視聴者からも高評価です。

一つのテーマに沿った演出は「何がしたいのか」がわかりやすいので見ていて安心しますね!

視聴者の声

この演出に対しSNS では「タケコプター」が話題になっています!

https://twitter.com/kurofuji1016/status/1430136212229001218
https://twitter.com/mokoemon/status/1430136211687895042
https://twitter.com/Kurousa_s_5/status/1430136206059139080

このタケコプターの演出は、テーマにそったものということで、印象がいいですね!

あわせて読みたい
パラリンピックの国名プラカードの意味は?空港の電子掲示板をイメージ! 2021年8月24日パラリンピックの開会式が行われました。 オリンピックの開会式と違い、今回の開会式は空港をテーマにした開会式です! ゲートが開かれ、会場に選手が登場...

まとめ

パラリンピックの開会式で、入場の両サイドにいたダンサー達が頭につけているタケコプターのようなものについて解説してみました!

開会式のテーマは『空港』で、頭につけているものはプロペラをイメージしたものだと思われます!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる