MENU

マクドナルドは何歳から(いつから)?赤ちゃんが食べれるメニューはある?

みんな大好きなマクドナルド。駅前でもフードコートでもよく見かけますね。

ショッピングなどのお出かけのときに、ちょっと立ち寄ってすぐ食べられるおいしくてお馴染みの味。

でも健康的なイメージはないし、子どもと一緒だったら何を食べさせたら安全なのか、考えてしまいませんか?

乳幼児にはマクドナルドはどうかなぁ・・・?という疑問、調べました!

目次

マクドナルドは何歳から食べられる?

「2〜3歳から」という意見が多数!

「マクドナルドのメニューは何歳から食べられるのか」について、広く一般の方の意見を調べてみました。

「1歳から食べさせたけど、ぜんぜん大丈夫だった」から、「小学校に入学するまでは食べさせなかった」まであって、マクドナルドデビューの時期の考え方は親御さんによって大きく違うようです。

でも、多くの意見は2~3歳に集中していました。

専門家の意見を調べたところ、やはり2~3歳からという意見がほとんどです。

なぜ多くの意見が一致するのか、それにはちゃんと理由がありました!

「2〜3歳からあげる」という意見が多数の理由

厚生労働省の「離乳食スケジュール」では、離乳完了期は生後12~18か月となっていて、一般にもそれが行き渡っています。

その後は幼児食をスタートして、だんだんと色々な食べ物になじんでゆきます。

だから、大体の食べ物になじんで、親御さんが「そろそろ大丈夫!」と思える時期が、2~3歳になるんですね。

それでも、丸っこい食べ物は、飲み込んでしまうと喉に詰まってしまう危険があります。

マクドナルドでは公式に、次のように注意を喚起しています。

えだまめコーンは、誤って気管に入る可能性があります。3歳頃まではお控えください。また、4歳以上のお子様も喉につまらせないよう気を付けてお召し上がりください。

ある程度の食事ができるようになっても、まだまだ「何を選ぶか」はとても大切なんですね。

赤ちゃんが食べられるメニューやアレルギー情報

メニュー1:ヨーグルト

生後7~8ヶ月頃から食べられるヨーグルトですが、マクドナルドのヨーグルトはゼラチンが入っているので、生後10ヶ月頃からにした方が安全です。

「乳」・「ゼラチン」のアレルギーに注意が必要です。

メニュー2:ミルク

牛乳は1歳頃から加熱しなくても飲めるようになります。赤ちゃんの消化には負担がかかるので、体質を見極めてからの方がいいですね。

「乳」のアレルギーに注意が必要です。

メニュー3:プチパンケーキ

できたら離乳食の完了後に食べさせたいメニューですが、脂質や塩分が少ないので、食べ過ぎなければ離乳食の完了期でも大丈夫です。あくまでも離乳食ではないので、離乳食の代わりにはなりません。「たまの特別な食事」として頻繁に食べないようにしましょう。まだ噛む力も飲み込む力も弱いので、パンやパンケーキなどのスポンジ系は、喉を詰まらせないように小さく小さくして食べさせてあげてください。ソースなどの糖分にも要注意です。

「卵」・「乳」・「小麦」・「大豆」のアレルギーに注意が必要です。

『マックポテト』はいつから食べていい?

じゃがいもは生後5~6か月からの離乳食に取り入れてもOKですが、体への負担を考えるとマックポテトはまだまだハードルが高いです。どんなに早くても2歳を過ぎてからにしておきましょう。

いつからあげていいか気になるお母さんの声

https://twitter.com/graceemi/status/1188978163323260929

まとめ

マクドナルドは何歳から食べられるのかの調査でした。

赤ちゃんでも口にできるメニューはありますが、やはりマクドナルドは2歳になるのを待ってから、少しずつ食べさせた方がいいんですね。

マクドナルドの商品をあげるとすっごく喜ぶからやっぱり子どもも大好きなんですが、胃腸の負担は減らしてあげたいし、親も悩んでしまうところでした。

成長の具合やアレルギーには個人差がありますから、子どもの健康な成長につながるように食べさせてあげたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる