MENU

【相棒】冠城亘が公安調査庁へ行った理由はなぜ?陰謀がある?今後の再登場についても

ドラマ「相棒シーズン20」が終わり、このシーズンで冠城を演じていた反町隆さんが卒業されました。

相棒として、一番長い期間演じられてきた反町さんですが、誰よりもその卒業を惜しんだ人物が「右京さん」でした。

「君が去ることを、できれば拒みたい」と言った右京さんのつなぎ止める手を払いまでして公安調査庁に異動したのにはなにか理由があるのでしょうか?

調べてみたいと思います。

目次

冠城亘が特命係長から公安調査庁へ行く理由は?

冠城亘は、特命係長を去り、公安調査庁委へいく理由を

「深い意味はない」
「スカウトされてその気になった」

と言っています。

公安サイドは、強烈なインパクトが欲しいと言ってたからスカウトしたということですが、特命係で右京さんと働く中で、もっと別の場所で自分は活躍すべきなのではないかと思ったのかもしれません。

それは、右京さんからたくさんのことを学んだ今だからこそ、その経験を他で生かしたいと思ったのかもしれません。

「荒野を目指す、中年になっても」という冠城亘のコメントは、まだまだ闇があるところに飛び込んで挑戦したいという気持ちを感じ取れますね。

今回は反町隆史さんの卒業ということで、ポジティブな理由での再出発になったのだと想像できます。

ここに、仲間由紀恵さん演じる社さんが絡んでいるかどうかはドラマでは明らかになっていません。

ですが、実は社の娘・マリアを守るために自分が公安へ行き、青木を内調に入れたという可能性もありそうです

反町隆史さんが卒業を決めたのは、ドラマ1役のイメージがつくことを避けるためか、もしくはドラマのマンネリを防ぐためかと言われていますが、真相は分かり次第追記したいと思います

冠城亘、卒業後の作品再登場はある?

公安調査庁に行った後、再登場はあるのでしょうか?

“前向きな卒業”ということで、おそらくドラマでの出演ではなく、映画などでの特別出演になりそうですね。

どんな形であっても、再び右京さんと並ぶ姿を今から期待せずにはいられません!

次の相棒キャストは誰?

次の相棒キャストについても明らかになっていません。

30代〜40代の俳優・女優さんが期待されそうですが、反町隆史さんの相棒が好評だったこともあり、同じ年代を起用するのは考えにくいですね。

20〜30代の実力派俳優さんが抜擢されると予想されます。

過去の相棒キャストと期間

過去の相棒キャストと期間についてです。

期間キャスト(役名)
2002〜2008年寺脇康文(亀山薫役)
2008〜2012年及川光博(神部尊役)
2012〜2015年成宮寛貴(甲斐享役)
2015〜2022年反町隆史(冠城亘役)

うーん、どのキャストも良かったですが、反町さんは水谷さんからの信頼も厚そうに見えましたね。

また、相棒のキャストはみんな名前が「か」から始まり「る」で終わっていますね。今度のキャストの役名も「か」から始まり「る」で終わる予感です。

ファンの声

https://twitter.com/gdm_1103/status/1506617845991772162
https://twitter.com/yz_smile_kkk/status/1506620512838971400

まとめ

ドラマ「相棒」の冠城亘が公安へ行った理由についてまとめてみました。

本当のところは最後まで明らかになりませんでしたが、

  • 新たな場所にチャレンジしたい
  • マリアを守るため

という可能性が考察されます。

いつか明らかにして欲しいものですね。

反町隆史さん、7年間楽しませていただきました!お疲れ様でした!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる